TOP > ジムの豆知識-岸和田編- > ジュニア世代が活躍できるスポーツジム

ジュニア世代が活躍できるスポーツジム

 大阪には歴史のある岸和田市があり、スポーツ振興などにも大きな貢献をしている地域でもあります。
少子高齢化という流れの中でもこれからの時代はジュニア世代が期待されており、とりわけ子供たちの育成に当たるスポーツ指導者の役割は重要といわれています。
岸和田市には行政のスポーツ施設はもちろん、大手スポーツジムや24時間営業のフィットネスジム、またパーソナルトレーニングジムなど色々なスポーツ施設があり、ジュニア世代の子供からシニアと呼ばれるお年寄りまで幅広く利用している背景があります。
子供たちは未来の宝ですからジュニアの指導者は筋力の発達を促す指導をすると共に、何事にも負けないストレスに強くなる心身の成長を考えなくてはいけません。
そのために社会性を身につけることの精神的な育成を含めて、競技としてのスポーツを指導することが望ましいです。

 その為には長期一貫の姿勢で指導にあたることが望ましく、ジュニアスポーツジムでは指導システムの理念を作っていくことが重要でもあります。
またカリキュラムにそってやっていくにはジュニアの年代別のプログラムを作成することも不可欠です。
スポーツ活動を通して成長できることにはいくつかありますが、自己責任の意義を成長過程で知ることができるのと、フェアプレー精神を作っていくことによって正しいあり方を学ぶことができます。
自己責任というのは子供が成長する中で社会性を身につけるのにとても大きな意味を持っており、自分勝手な子供にならないためにもスポーツの精神を身につけることは大事です。
フェアプレー精神は、スポーツというカテゴリーの中でもルールに則ったプレイを学ぶことで、公平な社会を身につけることができます。

 そして何よりもスポーツを通して大事なのは、仲間づくりや交流の中で、他人へのおもいやりや人を許す精神、社会生活のマナーを指導者から教わることができることもメリットです。
スポーツジムではジュニアクラブというのが存在しており、これらの道徳的な立場も含めると将来的な育成がなされることが考えられます。
ジュニア世代というのはこの頃に教わった指導者に大きく影響を受ける世代でもあり、指導者にはこれを念頭に入れて子供たちに接していく気持ちが必要です。
オリンピックに出るような選手になるにはジュニアの頃にどのような技術を体得したかというよりも、何を精神的に学ぶことができたのかが商店になるといわれています。
スポーツに種目によって違いがあるものの、ジュニア世代に経験したスポーツの楽しさ、精神的に乗り越えたときに達成感を覚えているとより有意義な人生になっていきます。

次の記事へ