オリジナルふせん制作を依頼する際の注意点

企業のノベルティなどでも利用されるふせんは、制作を依頼すればオリジナルのものを作ることができます。オリジナルふせん制作を受けてくれる企業は数多くありますので自信の要望になるべく合っている業者を見つけて発注をすることが望ましいと言えるわけです。例えばデザイン性を重視したいという場合では通常のふせん以外に形や柄の種類が多くある業者に発注すると良いです。イベントで多くの方に配りたいがあまり予算をかけられないという方の場合は、デザイン性よりもロット数に応じて割引をしてくれる業者を探すようにすると要望に沿った提案をしてくれます。またふせんだけではなく、ボールペンがセットになったものやハードカバーが付いているふせんもあります。周りとの差別化を図るのであればそういったものを注文するのも一つの手です。

オリジナルふせん制作にかかる費用はどれくらいか。

企業のノベルティや、一個人でプレゼントとして使用するなどさまざまな場面で活躍するオリジナルのふせんですが、オリジナルふせん制作を業者に依頼するといくらくらいかかるのか、その相場を最初に調べておくとよりお得にふせん制作を行うことができます。例えば企業の宣伝用としてちょっとしたプレゼント用のものを作るならカバーなどが付いていない袋に入ったタイプのふせんが安く作れておすすめです。企業の名称を入れてもらったり、袋や台紙をつけるといったことをするとまた料金が変わってきますが通常のふせんの形では1000個くらい作るなら100000円から150000円くらいの価格で作ることが可能です。また金額はふせんの綴り枚数によっても変わってきますのでそういった細かい部分でもしっかりと下調べしておくことをおすすめします。

オリジナルふせん制作で差別化を図ろう。

費用が結構掛かるオリジナルふせん制作ですが、そのメリットは他社との差別化を図るうえでもとても重要と言えます。名入れがされているふせんがたくさんの方の手に渡ることで宣伝効果はとても上がるからです。例えばその企業の来訪者にオリジナルの名入れふせんを渡して、その受け取った方がふせんを他の方にもあげた場合、配布を自分たちで行なわなくても宣伝効果が上がるわけです。特にふせんというのは仕事をする上で必需品であると考える方が多くいらっしゃいますのでよほどのことが無い限り、ふせんをもらったら使うようになります。何かのメモ代わりとして張り付けたり誰かの書類に指示出しをしたりと活用してもらえれば、さらにそこから宣伝効果が上がってくると言えるわけです。ノベルティグッズを考えているならオリジナルのふせんを候補に入れるのも一つの手と言えます。